ヒューマック研究会のサイトへようこそ!

ヒューマック研究会とは

ヒューマック研究会は、1996年5月に発足しました。 その当時の開業講座の講師、受講生を中心に社労士業務の知識 に関する研究を重ね、合わせて社労士業務における情報技術(IT)の研究を進めていこう、という社労士達とその卵が集まった研究会です。
したがいまして、このようにスタートしたこの会は、営利を目的としたものではありませんし、特定の講師が毎月講義するものでもありません。会員皆で会を進めていこうというものです。
それは、会員各々が、「私はこんな事を知っている」「俺はこんな事が得意だ」など、それらについての情報を提供し、また、その努力を持ち寄って運営していく研究会といえます。
そうした意味で、会員の得意分野を毎月交代で講師をしたり、発表したりしています。
これは、「人は情報が集まるところに集まる」と言われていますが、その「情報を発信する社労士」を目指して、勉強と訓練を重ねていこうとの課題も含まれます。

具体的には、次のようなものを中心に何でも行います。
(1)業務に寄与する調査研究、資料配布
(2)会員による講義、発表、資料配布
(3)パソコンを利用した業務の改善
(4)パソコン操作、インターネットの利用方法
(5)その他、何でもあり
以上のようなことを積み重ねながら、会員の資質をはかることを会の目的としています。